全国の主要空港にボディスキャナー導入へ…検査時間は平均80秒

今回のニュースの前に私の愛用しているツール
リストが取れる!稼げた!ツール&ノウハウこちら



国土交通省は、2016年度から全国の主要空港に、先進的なボディスキャナーを順次導入する。

国際組織犯罪等・国際テロ対策推進本部が昨年5月、「邦人殺害テロ事件等を受けたテロ対策の強化について」が決定、空港に先進的な保安検査機器導入によって保安検査を高度化することが盛り込まれた。

航空局では、保安検査を厳格化しながら旅客流動の円滑化にも配慮するため、海外で導入が進む先進的なボディスキャナー導入を検討するため、昨年10月から12月まで、関西、成田、羽田の3空港で先進的なボディスキャナーの運用評価試験を実施した。

ボディスキャナー検査を受けた乗客は3空港合計で1万7765人で、先進的なボディスキャナーの場合、検査時間が平均約80秒だった。

ボディスキャナー検査を受けてアンケートに答えた2509人のうち、満足・おおむね満足と回答した人が70%だった。

ボディスキャナーによる検査が初めての乗客がほとんどだったこともあり、説明に相当の時間を要した。このため、今後は保安検査を受ける前に、上着を脱いで、ポケットの中の所持品を出すことや、保安検査を受けるときの姿勢(機種によって静止または回転)についての周知方法を工夫し、検査の効率化や時間短縮を図る。

これらの結果を踏まえ、国交省では、2016年度から全国の主要空港に順次導入していく。

《レスポンス レスポンス編集部》










引用:全国の主要空港にボディスキャナー導入へ…検査時間は平均80秒


今回のニュースいかがだったでしょうか?
又遊びに来てくださいね!

ここは記事下のフリースペースです

地域交通グリーン化事業を公募…EV・PHV・FCV導入事業者を支援





国土交通省は、4月1日から5月9日まで、電気自動車バス・タクシー・トラック、燃料電池自動車バス・タクシー、超小型モビリティを導入する事業者を支援する「地域交通グリーン化事業」を公募すると発表した。

電気自動車は、環境に優しい自動車だが、通常の内燃機関車に比べ高価で、充電施設などのインフラ整備も課題となっている。

国交省では、「地域交通グリーン化事業」によって、自動車運送事業者に対して、電気自動車バス・タクシー・トラック、燃料電池自動車バス・タクシー、超小型モビリティの導入を重点的に支援している。この事業により、電気自動車を活用した地域の実情を踏まえた、多様な交通サービスの展開、他の地域や事業者による導入を誘発・促進することを見込んでいる。

今回、2016年度の「地域交通グリーン化事業」を公募する。公募期間中の応募があった地域交通グリーン化事業計画の案件は、事業計画の内容を外部有識者が評価し、その結果を踏まえて補助対象事業を決定する。

2016年度の予算額は4億1700万円。

支援内容は、電気自動車バス、超小型モビリティと付随する充電設備が導入費用の半額、電気自動車タクシー・トラックと付随する充電設備が導入費用の3分の1、燃料電池自動車バス・タクシーが導入費用の半額。

電気自動車にはプラグインハイブリッド車も含む。電気自動車タクシーは、補助対象となる車両本体価格の上限を600万円とする。

posted by きんさん at 11:12| 通販法に基づく表示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。