「選ばれるタクシー」目指し革新プラン策定…IT活用した運転者評価など 国交省




国土交通省は、「タクシー革新プラン2016〜選ばれるタクシー〜」を策定した。

タクシー事業について、事業者が主体となって事業活性化に取り組み、課題や利用者ニーズの多様化に対応するため、昨年1月に、自動車局に「新しいタクシーのあり方検討会」を設置。今回、その最終とりまとめとして「タクシー革新プラン2016〜選ばれるタクシー〜」が策定された。

それによるとタクシー革新に向けた取り組では、効率的な供給に向けて「タクシー特措法」に基づく需給バランスの改善、収益拡大に向けて価値ある付加サービスに対する適正料金の設定、人材の確保・育成に向けて新卒・女性など、多様な人材の採用拡大を進めることを提言。

サービス向上では、高度化するため、ITを活用した運転者評価、降車時の決済手続フリーの実現など、国際化では、初乗り運賃の短縮・引き下げの実施、多様化では、観光タクシーの充実・プライベートリムジンの導入などを促進する。

安全・安心の向上では、悪質事業者・運転者を排除するため、監査機能の強化、運転者登録制度の拡大、地域の安心の確保に向けて自治体や警察など、関係者との密接な連携を掲げる。

また、タクシー特措法のフォローアップとして賃金(労働分配率、時間あたり支給額)、平均車齢などの改善状況、バリアフリー、外国語、スマホ配車等への対応状況を見える化するため、毎年8月をめどに公表する。労働環境の改善やサービス向上の取り組みが顕著な地域・事業者を表彰する制度も創設する。

《レスポンス レスポンス編集部》










引用:「選ばれるタクシー」目指し革新プラン策定…IT活用した運転者評価など 国交省



ここは記事下のフリースペースです

地域交通グリーン化事業を公募…EV・PHV・FCV導入事業者を支援





国土交通省は、4月1日から5月9日まで、電気自動車バス・タクシー・トラック、燃料電池自動車バス・タクシー、超小型モビリティを導入する事業者を支援する「地域交通グリーン化事業」を公募すると発表した。

電気自動車は、環境に優しい自動車だが、通常の内燃機関車に比べ高価で、充電施設などのインフラ整備も課題となっている。

国交省では、「地域交通グリーン化事業」によって、自動車運送事業者に対して、電気自動車バス・タクシー・トラック、燃料電池自動車バス・タクシー、超小型モビリティの導入を重点的に支援している。この事業により、電気自動車を活用した地域の実情を踏まえた、多様な交通サービスの展開、他の地域や事業者による導入を誘発・促進することを見込んでいる。

今回、2016年度の「地域交通グリーン化事業」を公募する。公募期間中の応募があった地域交通グリーン化事業計画の案件は、事業計画の内容を外部有識者が評価し、その結果を踏まえて補助対象事業を決定する。

2016年度の予算額は4億1700万円。

支援内容は、電気自動車バス、超小型モビリティと付随する充電設備が導入費用の半額、電気自動車タクシー・トラックと付随する充電設備が導入費用の3分の1、燃料電池自動車バス・タクシーが導入費用の半額。

電気自動車にはプラグインハイブリッド車も含む。電気自動車タクシーは、補助対象となる車両本体価格の上限を600万円とする。

posted by きんさん at 11:12| 通販法に基づく表示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。