1000万のポケットマネーを得る東大生

3ヶ月で1000万円の「ポケットマネー」を得る現役東大生とは?

3ヶ月で1000万円の「ポケットマネー」を稼げるとしたら

やりますか?それともやりませんか?

やるという場合だけこちらを見てみて下さい。

⇒ 1000万のポケットマネーを得る東大生

ちょっと興味深い話がありました。

90日で1000万を稼いだ方法が完全公開されています。

しかもそれを教えているのは「現役東大生」なんです。

色々ネット業界を見渡していますが

3ヶ月で1000万を「利益で」稼いだと断言する人は他にいないのでは無いでしょうか。

最近転売ブームで「月商うん千万」などという曖昧な言葉がはびこり続けていますが

実際は「月収」に直すと大した額では無いという事が多いです。

誇張された表現、つまり嘘というのがはびこっているわけです。

ですから今回の「利益1000万」というのは

そこいらの誇張ばかりの嘘情報よりは遥かに信憑性が高い事は明白です。

もしあなたが1000万稼げたら何をしますか?

想像してみて下さい。買えないものの方が少ないですよね。

人生一度の大逆転の可能性が眠っているかもしれません。

期間限定で完全無料なので受け取って置いた方がいいですよ。

⇒ 1000万のポケットマネーを得る東大生
ここは記事下のフリースペースです

地域交通グリーン化事業を公募…EV・PHV・FCV導入事業者を支援





国土交通省は、4月1日から5月9日まで、電気自動車バス・タクシー・トラック、燃料電池自動車バス・タクシー、超小型モビリティを導入する事業者を支援する「地域交通グリーン化事業」を公募すると発表した。

電気自動車は、環境に優しい自動車だが、通常の内燃機関車に比べ高価で、充電施設などのインフラ整備も課題となっている。

国交省では、「地域交通グリーン化事業」によって、自動車運送事業者に対して、電気自動車バス・タクシー・トラック、燃料電池自動車バス・タクシー、超小型モビリティの導入を重点的に支援している。この事業により、電気自動車を活用した地域の実情を踏まえた、多様な交通サービスの展開、他の地域や事業者による導入を誘発・促進することを見込んでいる。

今回、2016年度の「地域交通グリーン化事業」を公募する。公募期間中の応募があった地域交通グリーン化事業計画の案件は、事業計画の内容を外部有識者が評価し、その結果を踏まえて補助対象事業を決定する。

2016年度の予算額は4億1700万円。

支援内容は、電気自動車バス、超小型モビリティと付随する充電設備が導入費用の半額、電気自動車タクシー・トラックと付随する充電設備が導入費用の3分の1、燃料電池自動車バス・タクシーが導入費用の半額。

電気自動車にはプラグインハイブリッド車も含む。電気自動車タクシーは、補助対象となる車両本体価格の上限を600万円とする。

posted by きんさん at 11:12| 通販法に基づく表示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。