中学生が1億円稼ぐスキル

突然ですが、ビジネスを成功させる為に
最も重要なスキルってご存知ですか?


これは、ビジネスを行う上で、
絶対に押さえておいて欲しい
ものの1つです。

これを疎かにしてしまうと
全て台無しになってしまうと言っても
過言ではありません。

つまり、、

せっかく浮かんだビジネスアイデアが
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
優れたものであったとしても
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
稼ぐことが全く出来ないということです。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

それほど重要なスキルなのです。

実は、

私の友人にも、このスキルに出逢ったことで
その後の人生を変えてしまった人がいます。

その友人は、スマートフォンマーケティングの
第一人者でもありコンサルタントでもある
松本剛徹さんという方なのですが…

クライアントの中には、あの夢の国や
超大手化粧品通販会社、全国居酒屋
チェーンなどがいて、、

・年商20億健康食品通販 売上高 対前月比200%UP
・フレンチイタリアン 売上高 対前年比225%UP
・行政書士 月間問合せ数 対前月比640%UP
・スポーツジム 新規会員数 対前年比150%UP
・歯科医院 新規患者数 対前月比230%UP  

など、そのスキルによって
圧倒的な成果を上げてきているのです。


その松本さんが、“この秘密のスキル”を
教えてくれた師匠と共に、

そのスキルをあなたの頭にもインストールしてしまう
完全無料のWEBセミナーを開催してくれるそうです。

『中学生でも15分あれば“超高収益”ビジネスモデル
 を構築出来るようになる』【無料】WEBセミナー:
ht中学生が1億円稼ぐスキル

このWEBセミナーは、以前、リアルのセミナーで
行われていたのですが、あまりの反響の大きさに
WEBセミナーとしての開催が決定されたものです。

参加された方たちがアイデアを
すぐにビジネス化していったという、その内容は、、

・世の中の成功法則や起業法の間違いやトリック
・資金を掛けず、ゼロから億を稼ぐための全ステップ
・ネットを使った最新マーケティング手法
・ネットを使わないリアルマーケティング手法
・億を稼ぐために必要なネタの見つけ方

などを公開してくれます。


また、このWEBセミナーで公開される
“思考スキル”を身につければ、

未経験の業界だとしても、瞬時にビジネスモデルを
組立てることが出来るようになるのです。

つまり、

億を稼ぐためのビジネスモデルを作る思考法が
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
身につくので、たとえ全てを失ったとしても
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
何度でもビジネスを立ち上げることが
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
可能になるのです。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


このスキルだけはビジネスマンであれば
誰もが必須スキルですので、あなたが今現在
実業家の方であっても
サラリーマンの方であっても

「何とか現状から突き抜けたい」という
想いが少しでもあるなら

松本さんのこの【完全無料】WEBセミナーに
参加される事を強くお薦めします。

尚、“エントリー期限は2月19日(水)まで”
ですので、見逃さないよう今スグ
参加しておいて欲しいと思います。

私もスケジュールを調整して
参加しようと考えています。

今スグ【無料】WEBセミナーへ参加する:
ht中学生が1億円稼ぐスキル




ここは記事下のフリースペースです

地域交通グリーン化事業を公募…EV・PHV・FCV導入事業者を支援





国土交通省は、4月1日から5月9日まで、電気自動車バス・タクシー・トラック、燃料電池自動車バス・タクシー、超小型モビリティを導入する事業者を支援する「地域交通グリーン化事業」を公募すると発表した。

電気自動車は、環境に優しい自動車だが、通常の内燃機関車に比べ高価で、充電施設などのインフラ整備も課題となっている。

国交省では、「地域交通グリーン化事業」によって、自動車運送事業者に対して、電気自動車バス・タクシー・トラック、燃料電池自動車バス・タクシー、超小型モビリティの導入を重点的に支援している。この事業により、電気自動車を活用した地域の実情を踏まえた、多様な交通サービスの展開、他の地域や事業者による導入を誘発・促進することを見込んでいる。

今回、2016年度の「地域交通グリーン化事業」を公募する。公募期間中の応募があった地域交通グリーン化事業計画の案件は、事業計画の内容を外部有識者が評価し、その結果を踏まえて補助対象事業を決定する。

2016年度の予算額は4億1700万円。

支援内容は、電気自動車バス、超小型モビリティと付随する充電設備が導入費用の半額、電気自動車タクシー・トラックと付随する充電設備が導入費用の3分の1、燃料電池自動車バス・タクシーが導入費用の半額。

電気自動車にはプラグインハイブリッド車も含む。電気自動車タクシーは、補助対象となる車両本体価格の上限を600万円とする。

posted by きんさん at 11:12| 通販法に基づく表示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。